2013年02月01日

低炭水化物ダイエット 1ヶ月後

 (*´ノД`)<<< +。:.HELLO゜.:。+゜ )) 田舎人です!

 低炭水化物ダイエットを実践して1ヶ月後の報告です!

 って、まもなく2ヶ月になる!(´д`ι)

 つい、飲んじゃうとブログ更新はめんどくさくなってしまいます。。。
 
 ダイエットを始めたのが、2012年の12月5日からでした。(ただし、体重体組成計を買ったのが12月12日なので出発時は体重のみ計測です。)

 そして、年を超えて2013年1月5日で1ヶ月たったときの体重等を下に載せておきますね。(w´ω`w)

 2013年1月14日現在の計測までです。

低炭水化物ダイエット 体重体組成計等計測結果
 内 容 12月5日 12月12日 1月5日 1月14日
 身長(cm) 170 170 170 170
 体重(kg) 72 68.3 65.7 65.7
 体脂肪率(%) 未計測 21.6 19.9 19.9
 骨量(kg) 未計測 3.2 3.2 3.2
 内蔵脂肪レベル 未計測 9 9 9
 体筋肉率(%) 未計測 29.6 31.1 35.0
 基礎代謝量(kcal/日) 未計測 1468 1413 1577


 これが、標準値だそうです。あせあせ(飛び散る汗)
DSC02015.JPG

 まずは、とりあえず1ヶ月経った時点のルールとか検証について状況・感想とか結果を書いておきます。

【低炭水化物ダイエット・田舎人ルール】
◎炭水化物を減らすこと
 @基本的に3食炭水化物の主食は抜く。
 ・女房の協力を取り付けたものの、共稼ぎで忙しいからラーメンとかチャーハンのときはメールするから自分の食事は買ってくるように頼まれる。(好物なのでちょっと辛い。。。)
 ・正月とかはお雑煮の餅は食べたり、東名高速のSAで混んでるときパンを食べたりしました。
 Aオカズに炭水化物があっても食べる。(ストイックにやらない)
 ・結構、いろんなシュチュエーションで食べることがありました。ジャガイモやカボチャとかは糖の吸収が遅いので食べても良いと藤田紘一郎先生は言ってたので気にせず食べてました。
 B付き合いで食事するときは、炭水化物でも食べる。(あまりないケースです。)
 ・仕事の付き合いでお昼にラーメン食べたことがあります。一元(いちげん)鳥坂店 味噌ラーメンが絶品!超お勧めです!

 Cできるだけ野菜と発酵食品を食べる。
 ・できるだけ、食べました。でも、難しいですね。。。
 D有酸素運動は併用する。(毎日、自転車通勤で14km)
 ・月のうち22日から23日は仕事で運動したことになるかな。
 E日本酒は控えて焼酎にする。
 ・焼酎が主ですけど、たまには日本酒も勧められれば飲みました。

【今回、検証すること】※少し前回より付け加えあり。
@脳が栄養不足となり、ボーッとしたり集中力が続かなくなるのか。
・どころか、夜に眠くならないんですね。。。逆にベッドで横になる時間が短くなってどうなるか心配でしたが、いつも30分くらい昼寝する習慣があったのですが昼も眠くならないんです!体調はすこぶる快調でした。
A体内タンパク質が分解され、疲労がたまりやすくなるのか。
・今のところ、大丈夫。
B肝臓に貯えられた糖質が分解され、肝臓機能が低下するのか。
・ほぼ毎日、25度の焼酎を半割で2合から3合飲んでますが1月4日に献血して血液検査結果が送られてきましたが全て標準値内でした。
C体重等の増減。
・体重は1ヶ月で6kg痩せた!.+:。 オオォヾ(◎´∀`◎)ノォォッ 。:+.
D自分で感じた体調
・自転車通勤してても、以前と変わらず、それどころかコグ感じが軽やかになった!
Eその他思うこと
・腹回りは測ってないけどベルト穴が2ツ減った。(でも、この間背広買うのにへそ下測ったら86cmあった! (。・´_`・。)エ- )
・正月すぎからマテ茶を飲むようになりました。主に職場でマグカップ3杯以上飲みます。お茶の水筒も持っていきます。家では、緑茶か烏龍茶を急須で飲み、例年、夏は冷やした麦茶を飲みます。マテ茶の効能(素晴らしい健康茶!)体に良い4つの理由!
・良いか悪いか?おならが出やすくなった。(臭くない)

クリックひらめきしていただければ励みになります。^^;あせあせ(飛び散る汗)にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

2013年01月20日

低炭水化物ダイエットを実践する(50歳前後から有効!)

 (o´・ω・`o)ノ ンチャ!!!低炭水化物ダイエットの実践研究所長の田舎人です。^^

 というジョークは置いといて。。。(´ー`A;) アセアセ

 最近は記憶力というか、頭の回転が悪くなる一方で何とかならないか悩んでいました。

 もっとも、楽天的な性格なので深くは悩みませんけどね。^^;あせあせ(飛び散る汗)

 そんなとき書店で、たまたま時間つぶしで眺めていたら、50歳からは炭水化物をやめなさいという本に出会いました!
DSC01984.JPG

 う〜ん、立ち読みで興味を惹かれ、「結構、科学的に検証してるぞ!」てなことで即、購入してじっくり読んでみました。

 まずは本のキャッチコピーを載せますね。

『病まない、ボケない、老いない長寿人生のカギを握っているのは糖質だった!50歳を越えないと動かない長寿遺伝子のスイッチは、「食」でコントロールできるのです。』

 田舎人が一番惹かれたのは、「50歳を過ぎたら糖質を制限しても頭がボケることはない」というところです。

 むしろ、50歳を過ぎて糖質を制限すると、健康になるそうです。

 医師であり、寄生虫学の権威でもある藤田紘一郎先生は、自分の糖尿病を炭水化物を食べるのをやめて完治させました。

 食事で炭水化物を減らすだけで、体重が理想体重まで戻り、血糖値や中性脂肪、コレステロールなどの数値も正常化するそうです。

 もちろん、主食を抜くことは耐え難いかも知れません。。。(TmT)ウゥゥ・・・

 ちょうど、その頃同じ部署の先輩と話をしていて、低炭水化物ダイエットをやってて、5ヶ月で22kg体重を減らしたそうです。しかも、体調は良好だそうです!

 おおっ〜!これは、いけるかも!(゚д゚)

 しかも、定期健康診断の血液検査結果は全て正常値に戻ったそうです!(*'o'*)o

 本書は、この炭水化物を食べない食事療法は50歳前後からの方法だと説明しています。

 ならば、まもなく52歳の田舎人にとってちょうど良いではないですか!(ちょっと遅いけどたらーっ(汗)

 それは、50歳前後を境にして、肉体のエネルギー代謝の仕組みが変わるようですね。

 50歳前後までは糖質を使ったエネルギー代謝が優位にあり、炭水化物は一定量が必要であり、低炭水化物ダイエットをすれば、フラフラになってしまうのは当たり前だそうです。

 しかし、50歳前後からはミトコンドリアの代謝系が優位になり、低炭水化物摂取は活性酸素が発生しにくいのでアンチエイジング効果が高まるようです。

 今まで、糖質こそが脳の唯一の栄養と言われてきたことの真逆ですから田舎人もにわかには信じられませんでした。

 ネットでも、ちょっと検索すれば低炭水化物ダイエットの危険性ばかりが強調されています。

 ウィキペディア 低炭水化物ダイエット

 でも、藤田紘一郎先生の言っていることを信じて実践してみます。

 とにかく実践してみて調子が悪くなればやめれば良いくらいでやってみようと思ったんです。

 ついでに、ズボンとワイシャツの首周りもキツくなってきて、服やズボンを買い換えなければならなくなりそうだった経済的理由もあり、ダイエットも期待することにしました。^^;
田舎人.png

【低炭水化物ダイエット・田舎人ルール】
◎炭水化物を減らすこと
 @基本的に3食炭水化物の主食は抜く。
 Aオカズに炭水化物があっても食べる。(ストイックにやらない)
 B付き合いで食事するときは、炭水化物でも食べる。(あまりないケースです。)
 Cできるだけ野菜と発酵食品を食べる。
 D有酸素運動は併用する。(毎日、自転車通勤で14km)
 E日本酒は控えて焼酎にする。(飲みすぎないと加えたいけど、これが難しい問題。たらーっ(汗)

【今回、検証すること】
@脳が栄養不足となり、ボーッとしたり集中力が続かなくなるのか。
A体内タンパク質が分解され、疲労がたまりやすくなるのか。
B肝臓に貯えられた糖質が分解され、肝臓機能が低下するのか。
C体重等の増減。

 では、結果は順次、報告していきますね。 

 これを書いてる時点で1ヶ月以上経ちましたが長くなったので次回報告します。^^/

クリックひらめきしていただければ励みになります。^^;あせあせ(飛び散る汗)にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村