2014年05月11日

グループ旅行

グループ旅行(15名くらい)を計画してるんだけど、ある事情で熱海になりました。

また、報告します!

って、話的には現在、予約で苦労してます。。。><

場所が熱海ってこともあり、都心からの予約客が多いと思いますね。

聞くところによれば、一時、落ち込んだ熱海温泉も盛り返してきてるって!

7月の土曜日宿泊なのでまだ先ということもあり、人数が確定しない。。。

庶民旅行なので、皆さん、お値段リーズナブルなのを希望!

で、ホテルを値段とかサービスでしぼって、まずホテルに直接予約。

これが、希望ラインは満室〜。。。

まだ、2ヶ月先の7月12日(土)の話ですよ!^^;

そうか、夏休みでもあるからな。。。

で・・・某旅行代理店で調べると。。。

あと、1室。。。オウッ!www

個人なら、話は早いんですけどね!

いろんな人の意見集約しなくてはいけないから、明日また会合するけど、その間にどんどん予約が埋まっちゃうじゃん。。。(TmT)ウゥゥ・・・

ところが、天下のJTBさんは、まだまだ余裕あり!

会社がでかいから、たくさん空き室を押さえてあるんだね!

よかった〜。

これで、明日、みんながバイキングか会席かとか、こんな雰囲気で風呂数は。。。なんて要求を聞いてから予約できる!

夏休みに家族旅行とか考えてる方は、早めの予約がお勧めです!(*^-^)ニコ




ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!


posted by 田舎人 at 15:56| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

身延線のんびり旅(下部温泉、佐野川温泉編)NO 3/3

 こんにちは!田舎人です。

 身延線のんびり旅も最終回です!^^;

 2013年8月24日(土)目的地の下部温泉に夕方、到着しました!

 とりあえず、過去記事⇒身延線のんびり旅(富士宮やきそば編)NO 1/3  身延線のんびり旅(富士山本宮浅間大社編)NO 2/3

 で・・・。。。

 幹事なので、『下部ホテル』に真っ先に入り、受付をしてバタバタと部屋まで案内していただき風呂・宴会と続きました。以上。。。あせあせ(飛び散る汗)

 え〜。。。画像はありません。撮り忘れたというか撮れなかったというか。^^;

 なので、宿泊先の下部ホテルについてはこちらのホームページで見てね⇒『下部ホテル

 この日も、太鼓ショーと餅つきをやっていました。

 田舎人は疲れて寝てしまったけど、元気な先輩オジーは他の客と一緒に餅をついたり、つき立てのほかほか餅が美味かったんだって。

 石原裕次郎ギャラリーもホテルの一角にありました。

 石原裕次郎さんが右足首骨折のため、別館 和風館「裕林亭」で約1ヶ月半にわたり温泉療養と歩行訓練を続け、驚異的な回復ぶりを見せたそうです。

 さすが信玄の隠し湯ですね。

 訪れたのは、昭和36年とのこと。(田舎人が生まれた年だ!)
【地図:下部ホテル】


 信玄の隠し湯といえば、静岡市にも梅ヶ島温泉があります。

 ついでに地域をPRしちゃおう!(^O^)

 湯治記録にある有名人を調べてびっくり!(;゚Д゚)!地元でも知っている人は少ないのでは。。。⇒徳川家康、徳川秀忠、良純親王、清水次郎長、乃木希典。梅ヶ島温泉/ウィキペディア

 昔は赤石温泉「白樺荘」と並んで「湯の花」が沢山浮かんでいたんだけど、今でもヌルッとした感じは天然硫黄泉の面目躍如で、傷に効き、肌がスベスベになります。

【地図:梅ヶ島温泉】梅ヶ島温泉について - 静岡、温泉、濃い温泉。


 さて、下部ホテルに話は戻りますが、2つの源泉と12の湯船が楽しめます。(≧∇≦)b

 田舎人は若い頃に身延周辺の冷泉に入ったことがありますが、その良さがわかりませんでした。。。

 今回も、先輩がもう一度行きたいからってことで、決めたのでどちらかというと渋々でした。

 でも、今回はその良さが分かりました!(*゚▽゚*)

 特に夏は源泉の冷たい湯が気持ち良くてストレス発散!熱い湯もあるから交互に入ることで健康にもなるようです。

 熱い湯は交感神経を刺激して、ぬるい湯は副交感神経を刺激するので交互に入ることにより、自律神経の機能が高まり、結果として免疫力が高まるというわけです。

 さて、翌朝2013年8月25日(日)皆でバイキング方式の朝食をとりながらMさんが「湯之奥金山博物館」で砂金採り体験をしたいと主張したのですが、あえなく却下!^^;

 それよりも、9時に宿を出て特急ワイドビューふじかわ4号で内船駅(うつぶなえき)に着けば、ほど近い「なんぶの湯」に10時には着けるということで決定!

 8時30分頃には食事が終わったので、さて、部屋に帰って支度をしようと戻ったのですが。。。

 なんとMさんが部屋の鍵を持って風呂に行ってしまったらしい!><

 幹事部屋は私が鍵を持っていたから良かったけど、9名中3名は幹事部屋で待つこと30分。。。

 超急げば間に合う!

 って、もう皆気が抜けてダラダラ。。。^^;

 次の10時14分発の普通列車に乗ることになりました。(ここから全ての歯車が狂いだした。)

 さあホテルを後にして出発!

 身延線の下部温泉駅まできてようやく写真を撮りました。^^;

ホームから身延・富士方面を望む。(踏切を渡って、すぐ左が下部ホテルです。)
身延線の旅1 (37).JPG

ホームから駅舎を望む。(無人駅で改札がありません。)
身延線の旅1 (38).JPG

 列車が来ました!^^到着すると大忙しで車掌さんが降りる客の切符を受け取り、様子を見ながら我々が切符を買いたい旨を告げると「後でまた来ます。」で、かなり列車が走ってから購入しました。イケメンの若い車掌さん大変だ〜!
下部温泉駅.png

 で。。。レレッ!???身延駅で止まって一向に出発する気配がない。。。

 タブレットで時刻表を確認すると10時25分到着で出発は10時52分!

 え〜!30分近くも待つの?よくわからないけど単線だからかな?(´・_・`)

 皆、時間があるとわかると土産を買いに改札から出て行った。。。

 後で聞くと、本当は出たら再入場(途中下車)できないようだけど親切にしてくれたようです。

 ここでMさんに頼んで栄昇堂の「みのぶまんじゅう」を買ってきてもらいました。

 田舎人は「なんぶの湯」に電話して個室が取れないか交渉。

 すると、既に満室だって。

 11時頃着くと告げると大広間の休憩室も使えるかわからない状態だって!

 そして、内船駅に着いたのが11時10分。

 「なんぶの湯」に行ってみると、広い駐車場が一杯!!!なんぶの湯ホームページ

 やはり富士山が世界遺産に登録された効果でしょうか。

 ここに何度も来てる先輩も、「いつも空いてるのに」って、驚いていました。

 そこへ、待ち合わせしてたWさん夫妻が到着。(退職して南部町にある実家を新築して住んでいます)

 Wさん「こりゃ〜ダメだな。よし!佐野川温泉行こう!」

 ということで、Wさんの車に乗せてもらい、残りの人達はタクシー2台で佐野川温泉へ!

 結構、走ったよ。タクシー代片道2,900円弱かかったもの。佐野川温泉ホームページ

佐野川温泉到着!
佐野川温泉.png

 アポなしで飛び込みで交渉!

 一階の広間は一杯でしたが、二階の個室を急遽片付けて貸してくれることになりました!(^O^)

 この日は、宿の皆さん大忙し!!!^^;

 ちょうどお昼なので食事を依頼してWさんの奥さんの手作りツマミで皆はノ〜ンビリ一杯。

 田舎人は幹事なのでビールだ氷だ、と上と下を行ったり来たり!(´д`)

身延線の旅1 (42).png

 でも、楽しかったよ!(((o(*゚▽゚*)o)))

 頃合を見て、誰彼なしに、少しづつお風呂に入って行く。

身延線の旅1 (43).png

 佐野川温泉の泉質というか浸かった感じは、とても柔らかい冷泉で成分が身体に染み渡るような気持ちよさがあり、とってもお勧めです!(*´ω`*)

 そんな、こんなで時が過ぎていき、まったりとしたなかで夕方になりました。

 事前に宿で最寄りの駅まで送っていってくれるという話があったのでお願いしてました。

 約束の4時がきて、名残惜しみながら、Wさん夫妻と宿に挨拶して出発!

身延線の旅1 (40).png

 身延線の十島(とおしま)駅に到着!

 考えてみれば、下部温泉駅から静岡駅まで切符を買ったので、車の移動でだいぶ中抜けをしたね。

 キセルならぬ、余分に支払った、逆キセルかな?(´σ `)?

 まあ、細かいところにこだわらないのが、この会の流儀です。

身延線の旅1 (44).JPG

 経営改善策で無人駅が増えたみたいですけど、列車を待つ間、乗車待ちは我々だけ。。。

 静かな、静かな田舎です。(田舎人には珍しくないけどあせあせ(飛び散る汗)

 「なんぶの湯」に見られるように富士山世界遺産登録で身延線の利用客が増えてないのかな?

 調べたら、8月お盆の利用客は前年比5%増だって。でも、天候にも恵まれたから富士山の影響が強いとは言えないようです。

身延線の旅1 (45).JPG

 栄昇堂の「みのぶまんじゅう」!!!

 なぜ、このまんじゅうを買うことになったかというと。。。

 今回の会員が集まる割烹料理屋?のかあさんの言葉から。。。

 『お土産は「みのぶまんじゅう」でいいからね。』

 エッ!!!(;゚Д゚)!

 かあさん、甘いものダメじゃなかったっけ。。。。。。

 我が耳を疑い、『エッ!身延のなに?(@_@;)』

 かあさん、訳知り顔で『み・の・ぶ・ま・ん・じゅ・う。甘くないもの。あの、お饅頭は大好き!』

 田舎人、『ラジャー (*・∀・*)ノ 』 

身延線の旅1 (46).JPG

 箱を開けてみると、こんな感じ。
身延線の旅1 (47).JPG

 本当に、あっさりした甘味で美味しい!

 お勧めです!

身延線の旅1 (48).JPG

 これから、秋の深まるなか、松茸から始まり紅葉の見頃まで山梨に行く楽しみが増えますね。

 では、また。(*^-^*)ノ~~マタネー

クリックひらめきしていただければ励みになります。^^;あせあせ(飛び散る汗)にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

posted by 田舎人 at 11:40| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

身延線のんびり旅(富士山本宮浅間大社編)NO 2/3

 こんにちは!田舎人です。

 2013年8月24日〜25日にかけて、身延線のんびり旅してきましたよ。^^

 過去の報告記事⇒身延線のんびり旅(富士宮やきそば編)NO 1/3

 今回は、富士宮やきそばを食べたあと、富士宮浅間大社までブラブラした話です。。。

 正式名称は『富士山本宮浅間大社(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)』だって!

 さて、「うるおいてい」を午後1時頃、出発!
DSC03554.JPG

 午前中は道に迷って散々でしたが、おかげで造り酒屋があることに気がついていた一行は、富士宮浅間大社に行く前にチョット寄っていこうという話になりました。
身延線の旅1 (20).JPG

 浅間大社に御神酒を納める伝統の地酒蔵だって!富士高砂酒造ホームページ

 飛び込みで、試飲などできるか聞いたところ、若旦那?が気持ちよく応じてくれました!
身延線の旅1 (21).JPG

 山廃仕込が美味い!

 濃いのに柔らかい味。(富士山の湧水だからですって!)

 試飲できるから、好みに合ったのを買えます。
身延線の旅1 (22).JPG

 種類がたくさん揃っているな〜。。。
身延線の旅1 (23).JPG

 サクサク梅酒もあったよ。(凍らせてシャーベットで食べるんだって)
身延線の旅1 (24).JPG

 さあ、ほろ酔い気分で浅間大社までレッツゴー!

 で、見えてきました。
身延線の旅1 (25).JPG

 観光バスがギッチり!

 全国に約1,300社ある浅間神社の総本社で、しかも「富士山−信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一部として世界文化遺産に登録されたから、混むのも無理からぬ話。。。

 鳥居の横を通って。。。
身延線の旅1 (26).JPG

 楼門が立派!
身延線の旅1 (27).JPG

 本殿が見えてきた。
身延線の旅1 (28).JPG 

 二礼二拍手一礼でお参り。。。

 で、横をみると。。。
身延線の旅1 (29).JPG

 富士山頂上にある奥宮が平成23年3月15日の静岡県東部地震で甚大な被害を受けたんですって!

 ちょっと一口二千円は。。。もう少し少なければ。。。あせあせ(飛び散る汗)

参考《奥宮境内地の経緯》ウィキペディアより抜き書き

>江戸時代には、徳川家康による庇護の下で、浅間大社は山頂部の管理・支配を行うようになっていた。安永8年(1779年)には幕府による裁許により正式に八合目以上の支配権が認められ、現在に至る。

>この土地は、一時国有化された時期がある。国有財産法により、全国各地の寺社の土地は無償で国から返還された。富士山を神体山とする浅間大社は、長きに渡りその寄進されていた土地を管理していたため、他の寺社のように同法が適用されるはずであったが、特別な山ということもあり例外として適用されなかった。本来法律通りであれば神社側の土地として処理されるはずであったが、49,952坪のみしか譲渡されなかったのである。それに対し浅間大社側は、訴願を申し立てた。

>そして江戸幕府が当社に寄進したことを示す古文書といった決定的な証拠により、これらの土地が当社の境内地であることが裁判という形で改めて確認されることとなった。この裁判に基づき、2004年には浅間大社側に土地が返還されることとなった。 ただし、静岡県・山梨県の県境が未確定のため、土地登記はしていない。 
詳しくはコチラで⇒富士山本宮浅間大社/ウィキペディア

富士山頂上マップが見れます。⇒富士山頂上浅間大社奥宮

 湧玉池に出ました。
身延線の旅1 (30).JPG

 看板があったよ。
身延線の旅1 (31).JPG

 湧水が飲める〜!

 煮沸して飲むように書いてあるけど、大丈夫でしょう!^^;

 美味い!!!><
身延線の旅1 (32).JPG

身延線の旅1 (33).JPG

 流れ出た湧水は川となって、暑い時期には水浴び場として、気持ち良さそう! 
身延線の旅1 (34).JPG

 富士宮駅が見えてきた!
身延線の旅1 (35).JPG

 さあ、これから下部温泉まで行って、一泊!^^
身延線の旅1 (36).JPG

 また、報告します。(*^-^*)ノ~~マタネー

地図(富士高砂酒造(株):静岡県富士宮市宝町9−25)


地図(富士山本宮浅間大社:静岡県富士宮市宮町1−1)


クリックひらめきしていただければ励みになります。^^;あせあせ(飛び散る汗)にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

posted by 田舎人 at 14:06| Comment(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。