2013年01月13日

復帰した華原朋美「Pen」で「半生のすべてを隠すことなく語った独占ロングインタビュー」動画視聴 『I'm proud』最高です!

 |^・ω・)/ ハロー♪ 田舎人です。

 朋ちゃんこと、華原朋美さんは薬物使用の噂で、かなりやばいところまで行って2007年に事務所を解雇されたときには、このまま野垂れ死にしてしまうのだろうかと心配したほどでした。。。

 ところが、昨年12月5日放送の「2012FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で、約5年半ぶりに芸能界復帰してくれましたexclamation×2 ヾ(@~▽~@)ノ

 そんな華原朋美さんが1月15日(火)、東京・池袋のリブロ西武池袋本店でサイン会を実施するそうです。^^

 サイン会は先着300人で、リブロ西武池袋本店で予約・購入いただいた方が対象だそうです。
 
 サイン会は、同日発売の雑誌「Pen 2月1日号」で華原朋美さんが表紙を飾ることを記念して行われ、雑誌内では「誰もが気になるその半生のすべてを隠すことなく語った独占ロングインタビュー」も掲載されているそうです。

Pen華原朋美.jpg

 精神安定剤や睡眠薬の乱用によると言われる数々の奇行を繰り返し、ついにはレギュラー番組に穴をあけ、時代的にコンプライアンス(法令順守)が厳しくなり、違法ドラッグの可能性もゼロとは言い切れないため所属事務所をクビになった華原朋美さん。。。

 小室哲哉に歌のイロハを教わり、危険な遊びも習ってしまったのかも知れませんね。

 ここ何年かの動向がわからないのでウィキペディア 華原朋美などで調べてみました。

 2009年1月 急性薬物中毒で倒れ病院に緊急搬送される。

 2009年5月 東京都港区の路上で意味不明に騒いでいたところを110番通報された。

 2010年8月 新宿・歌舞伎町でタクシー乗車中に意識もうろうとなり、救急車で病院に搬送される。

 2010年夏  見かねた家族が閉鎖病棟に強制入院させ、3ヶ月間過ごした。

 退院後は父親の住むフィリピンに渡り、NPOを運営する父親の勧めでボランティア活動に従事。現地の孤児院で子供の世話などをした。

 2011年8月 自身の誕生日である8月17日に、兄のブログで現在の姿と海外で自分磨きをしていることを報告

 2011年10月 ブログで再びメッセージを掲載し、年内に帰国して復帰に向けて準備することを報告。

 帰国後は兄が経営する介護施設を手伝いながら、ボイストレーニングに通い、旧所属事務所の尾木徹社長宛にカラオケで録音したデモテープを送るなどして復帰に向けて動いた。

 2012年9月に旧所属事務所との交渉の結果、同年12月1日付でプロダクション尾木と再契約。

 2012年12月5日 『2012 FNS歌謡祭』に生出演し、「I'm proud」を歌唱。5年半ぶりに復帰した。

 華原朋美さんは、気持ちの整理がついたのでしょうか。^^;

 復帰後のインタビューでは、、、

>「評価してくれる声が多く感動した」、「一般の方はシビアで正直。これからも参考にしていきたい」

>今、一番心待ちにしているのが06年7月の「あのさよならにさよならを」以来となる新曲(今春発売予定)づくり。「レコーディングスタジオの雰囲気を想像しながら、もうワクワクしてるんです」

>「感謝の気持ちが薄くて、幸が薄い人」と過去の弱い自分と向き合えたからこそ「心に闇を抱えないことが大切。ことしは地に足をつけて踏ん張れる自分をつくらなきゃ」と決意は固い。

 華原朋美さん、もう大丈夫かな。

 天然の明るい笑顔で、歌と共に世間を明るくしてください!^^/
-------------------------------------------------------------------------------------------------
2013.1.11 pen-onlineより引用急遽決定!華原朋美さんが来場、リブロ池袋本店でPen 2/1号発売記念のサイン会やります。

 突然ですが、1月15日(火)発売となるPen2/1号「ウワサの美女。」の表紙を飾ってくれた華原朋美さんが、リブロ西武池袋本店でサイン会を行います!

 5年間のブランクを経て38歳で復帰を果たした彼女の、グラビアで魅せる美しさは何ともいえません。そして、誰もが気になるその半生のすべてを隠すことなく語った独占ロングインタビューも必読。手にとる時にちょっと恥じらいを感じるかもしれないPen最新号ですが、サイン会はリブロ西武池袋本店で予約・購入いただいた方が対象です。

【Pen2/1号発売記念 華原朋美さんサイン会】
日時:1月15日(火)18:30〜
場所:リブロ西武池袋本店 書籍館2階リブロ特設会場
定員:先着300名様
参加方法:Pen2/1号をリブロ西武池袋本店で予約・購入された方に配布される参加整理券が必要です。先着順、予約購入は店頭のみ。

問い合わせ先/リブロ西武池袋本店Tel.03-5949-2910
※お電話は、1月12日(土)12時〜でお願いします。
※当日の写真撮影はご遠慮ください。
-------------------------------------------------------------------------------------------------
華原朋美 FNSで完全復活


 朋ちゃんと言えば、「I'm proud」ですね!^^

 田舎人も大好きな曲です!

 オーケストラと見事に合っていますね。

 ウィキペディア I'm proudによれば。。。

>冒頭のサビを終えた直後の間奏からAメロにかけて、J.S.バッハ以前の時代に使われていた教会旋法の中からドリア旋法を用いて描かれており、敢えて現代の調性に合わないように見せかけたのち、Bメロで日本のヨナ抜き音階を取りこんでいるなど、高校までの音楽の授業で習うような理論の範疇を超えて作曲されており、手腕の高さが伺える。

 って、田舎人にはよくわからないけど、これが、心地よさの元なのかな。(・_・?)

 そのほかに、ウィキペディアの気になる解説など。。。

>制作にあたって小室が描いたイメージは「風と共に去りぬ」。

>当初、サビフレーズの歌詞「いちごの様に」の果物の部分は“りんご”であったが、華原本人の希望で“いちご”に変更された。

>発売週に出演したMステでは、サビ歌詞を間違えて“ラララ〜♪”で歌いきり、ハプニングシーンとなった。またこの曲での2回目出演時には、吉野家の牛丼が大好きで“並・玉・つゆだく”で食べていると公言したことから、吉野家に女性客が急増し、“つゆだく”という用語も広く一般に浸透した。

>華原の大ファンであった深田恭子はホリプロタレントスカウトキャラバンオーディションでこの曲を歌って見事グランプリを獲得し、芸能界入りを果たした。

浜崎あゆみは2004年10月のミュージックステーションSPで、浜崎自身が選ぶ思い出に残るラブソングとして「I'm proud」を挙げている。

オリコンで首位を獲得できなかった作品としては、宇多田ヒカル「Automatic」、THE虎舞竜「ロード」、スピッツ「ロビンソン」、Le Couple「ひだまりの詩」、ブラックビスケッツ「タイミング」、シャ乱Q「ズルい女」に次いで、槇原敬之「もう恋なんてしない」と並ぶ8番目に高い作品となっている。

 (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、田舎人が好きな歌ばっかり!

>同年のオリコン年間シングルチャートでは、安室奈美恵の「Don't wanna cry」や「Chase the Chance」を抑えて、女性ソロ部門では最大のヒット曲となった。

 なのに、なぜ、オリコンで首位を獲得できなかった作品となっているのか田舎人には理解できない。><;

I'm proud 華原朋美


 下の動画は、復活後のインタビューです。^^

 感謝の気持ちが顕れていますね。ぴかぴか(新しい)

 充電期間中にいろんなことを吸収して大人になった感じです。

 もう大丈夫ですね。d(*^v^*)bヤッタネェ♪

華原朋美 M-ON TV インタビュー完全版(Vol 1-8)


PS:生放送ですが、感情が溢れて涙で声が詰まってしまいました。でも、しっかり立ち直って、笑顔で歌ってくれましたよ!もう過去の弱い朋ちゃんとは完全にお別れだ。
華原朋美スペシャルヒットメドレー 2013-04-30


クリックひらめきしていただければ励みになります。^^;あせあせ(飛び散る汗)にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村



【送料無料】Pen (ペン) 2013年 2/1号 [雑誌]

【送料無料】Pen (ペン) 2013年 2/1号 [雑誌]
価格:600円(税込、送料込)

タグ:華原朋美
【関連する記事】
posted by 田舎人 at 23:13| Comment(0) | ミュージック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。